Emacsen

2013年12月21日 (土曜日)

NTEmacs で tramp (ssh) 設定とか

Meadow だった頃から使っている .emacs の設定では、リモートサーバー上のファイルを ange-ftp (tramp) で編集できてたけど、ある日会社の Solaris なサーバーにアクセスしようとするとタイムアウトしてしまった。あれこれ試して「もしや?」と McAfee のログを見てみると案の定 ftp.exe をブロックしましたと。再び「もしや?」と ftp.exe を別名でコピーして試してみたけどダメだったので、ポートを塞がれれたのか。でも会社標準(?) ftp クライアントの Filezilla では問題なさそう。 PASV モードだと大丈夫ぽいけど、サーバーによっては PASV モードを拒否するようで使えない。

結局、こちらのページなどを参考に PuTTY の plink を使うよう tramp の設定を変更。最初エラー(詳細忘れた)してうまく動かなかったけど、こちらのページを参考に tramp-sh.el をバイトコンパイルし直して、 tramp のキャッシュ(~/.emacs.d/tramp)を削除する事で使えるようになった。キャッシュの削除は Emacs を終了して行わないとダメみたい。

色々調べてる内、 NTEmacs のショートカットに AppID を設定する方法など見つけて少しだけ快適に。自分の環境では runemacs.exe ではなく Cygwin の run.exe で emacs.exe (を outlook.exe にリネームしたモノ)を起動しているけど、あくまでショートカットに AppID を設定するので関係ないみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水曜日)

Outlook で Emacs なキーバインド

これまで会社の Windows PC では、 NTEmacs + mew, Cygwin, Firefox + KeySnailGoogle日本語入力を「ことえり」ベースのキーマップで使って、それなりに平穏な日々を送っていました。…が、周囲は html メールがメインでさすがに最近は mew では厳しさを感じます。
html メールを引用、 plain text で返信してメールのフォーマットを崩してしまうのが心苦しい時があるのです。

会社の標準メールクライアントは Outlook です。これが mew ライクなキーバインドで使えるようになれば…と調べてみたメモ。

最初に参考にしたのがココ。因みにココの AutoHotkey 用のコードはヘルプに載ってるサンプルコードの関数 ActiveControlIsOfClass() をどこかで定義してあげないとエラーします。あとメール作成時に大文字 F が入力できなかったので "+f" で始まる行を削除しました。(+f = Shift + f の意)
AutoHotkey 今まで知りませんでしたが、かなり色々できそうですねー。

結局、今のところコチラで戴いたスクリプトと併せて少しカスタマイズしつつ全体的に Emacs なキーバインドにしてみてますが、まだ期待と違う動きになるところがあったり既に使い慣れてる Windows なショートカットと衝突したりで模索中です。

Windows のショートカットキーは Ctrl キーとの組み合わせになってる場合が多いので、どうしてもぶつかっちゃいますね。その点 OSX は編集場面での Emacs ライクなキーバインドと、コマンドキーとの組合せがメインな標準的なショートカットキーがうまく共存できてて使いやすいなーと改めて思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火曜日)

migemo の ruby 1.9 対応 (NTEmacs + Cygwin)

そういえば最近 migemo がちゃんと動いていなかったので直したメモ。
Emacs と Ruby は、それぞれ:

GNU Emacs 24.2.1 (i386-mingw-nt6.1.7601) of 2012-09-22 on GNUPACK
ruby 1.9.3p286 (2012-10-12 revision 37165) [i386-cygwin]


こちらの情報を参考にさせて戴いてすんなり終了。有難うございます。
自分の場合 migemo を使うのは NTEmacs からだけなので、 migemo のスクリプトは変更せず下記のように .emacs の migemo 起動オプションに "-Ke" を追加。 (migemo.el と辞書はeuc-jp)

(setq migemo-command (expand-file-name "/usr/bin/ruby"))
(setq migemo-options '("-Ke" "-S" "migemo" "-t" "emacs" "-i" "\a")) ;; "-Ke" for ruby 1.9 

最初、こちらの情報を参考にさせて戴き、比較的導入の簡単な C/Migemo を入れてみたけど、正規表現辞書(regex-dict)追加方法が分からず、結局 Ruby 版に戻ってきました。

やっぱり快適 :-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金曜日)

NTEmacs + mew で機種依存文字を表示させThai

会社のメール環境には色々言いたいこともありますが、ここで言ってもアレなので。

Outlook から出されたメールで charset="iso-2022-jp" のくせに機種依存文字(①②とかが多いかな)を含んでる場合、 mew では正しく表示されません。これは正しい動作なんだけど、さすがに最近不便も感じてきたので、ようやく少しだけマジメに調べてみたメモ。

要は M$ が言う ISO-2022-JP は、 ISO-2022-JP に M$ の拡張を含めた CP5022x と言われるモノらしい。 Shift_JIS と CP932 の関係と同じ。詳細は Wikipedia とかで調べてね :p

Emacs23 日本語向け設定例 というページを発見。こちらのページにある cp5022x.el を戴いてロードしてあげると、機種依存文字が扱えるようになります。有難うございます :-)
mew の summary-mode で、 C-u C-c C-l すると Coding-system を尋ねられるので cp50220 を指定すると、今まで豆腐になってた機種依存文字が表示されます :-)
ただ、毎回これやるのも面倒くさい感じで。取り敢えず深く考えずに…

(define-coding-system-alias 'iso-2022-jp 'cp50220)
(define-coding-system-alias 'euc-jp 'cp51932)

と、 .emacs に書いてます。 (euc-jp の設定は、何となくついでに)
これで一応、機種依存文字を含むメールがフツーに表示されるようになりましたが、ちょっと強引な気も…?。もっとスマートな方法がありそうな。

上記ページの設定内容も .emacs に書いてあるけど、今回の目標達成に必要だったのかについては、ちゃんと理解してませんし確認もしていません。スミマセン。
多分、 Windows のフォントなら何でも大丈夫だと思いますが、今回の確認では VL ゴシックを使用しています。 NTEmacs と mew のバージョンは一番最後に。

あとは…、 us-ascii なメールに Outlook から日本語で返信されたメールが `???' だらけになる件、何とかなりませんか? Outlook 同士だと問題なく読めるんですけど。

----
X-Mailer: Mew version 6.2.51
User-Agent: Emacs/23.2.1 Mule/6.0 (花散里) OS/i386-mingw-nt5.1.2600


2010/08/29 追記:

(define-coding-system-alias 'iso-2022-jp 'cp50220)
(define-coding-system-alias 'euc-jp 'cp51932)

…の設定だと、純粋な ISO-2022-JP なメールの一部文字がヘンに変換されてしまう?(例えば「〜」とか)ようなので、取り敢えず、無効に。暫くはC-u C-c C-lで様子見…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火曜日)

最近 Firefox が固まる…

と思って調べたメモ。

3.6.7 にしたくらいから、 Flash を使ってるサイトをロードしながら確実に固まるようになった。
試しにアドオンを全部無効にしてみたら、問題なさげ。会社の PC では問題無いので、会社の PC で使ってないアドオンからひとつずつ無効にして試してみた。
結局、 FireTorrent が原因っぽい。 FireTorrent のページのレビューでも 3.6.6 で問題アリとの報告が。取り敢えず、原因が分かってスッキリ。 torrent 殆ど使わないしね。(こんな話も)

そういえばちょっと前に、ページ内の検索をする際、検索文字列の入力中に勝手にフォーカスが外れて、 Firemacs のキーアサインに従い意図せずタブが切り替わったりしてた事があった。最初は Firemacs を疑ってたんだけど、実は XUL/Migemo のバージョンが変わったのが原因ぽかった。アドオンの組み合わせの問題は、原因特定が難しい場合がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火曜日)

mhc の週番号がズレた?

週番号表示していい感じな mhc だったんですが、 2010 年に入ってから会社のカレンダーに表示されてる週番号より1週間進んでる気が…。きっと気のせい…と、しばらく放置してたけど、先週、帯状疱疹の痛みがひどくて1週間自宅勤務させてもらった時に、少しだけ調べて暫定(きっとこのまま恒久…)対策したメモ。

現在の、週の始まりを月曜日にする設定 (setq mhc-start-day-of-week 1) だとズレるようで、日曜日に設定 (setq mhc-start-day-of-week 0) すると大丈夫みたい。でもやっぱり会社のカレンダーに合わせて、週の始まりは月曜日を希望。

なんか週番号の数え方のルールっていくつかあったと思うので、もしかしたら mhc の不具合ではないかも知れないけど、ちゃんと調べる時間もないので、ここら辺の情報をもとに少し変更して取り敢えず…

;;; >>>>--> temp. workaround for mhc-date-cw (wrong week number ?)
(add-hook 'mhc-setup-hook
          (lambda ()
;;; from: http://www.quickhack.net/mhc/mhonarc/msg01631.html
;;; XXX: It has the Y2038 problem.
            (defsubst mhc-date-cw (date)
              (cond
               ;; ((= mhc-calendar-start-day-of-week 1) ;; kk
               ((= mhc-start-day-of-week 1) ;; kk
                (string-to-number (format-time-string "%V" (mhc-date-to-second date))))
               (t
                (string-to-number (format-time-string "%U" (mhc-date-to-second date))))))
            ;; reload source files to reflect the change of mhc-date-cw inline function
            (load "mhc-calendar.el")
            (load "mhc-summary.el")
            (load "mhc.el")
            ))
;;; <--<<<< temp. workaround for mhc-date-cw (wrong week number ?)

…などと .emacs に書いたら、会社のカレンダーの週番号と一致するようになったので、よしとしますか。 2038 年も emacs 使ってるんかなー?>おれ
因みに、元々、モードラインには日付を (setq display-time-format "%x (wk%V-%a) %R (%z)") な感じで表示してて、ココでも %V を週番号に使ってたのでした。

そうそう、 mhc は mhc-current-snap20100120 にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月30日 (木曜日)

mew から Thunderbird へ…

ある日突然、会社の PC でメールが送信出来なくなってしまった。
ただ、送信出来ないのは普段使っている mew on NTEmacs で、会社標準の(…と思われる) Outlook からは問題なく送信出来ていて、試しに Thunderbird から送信してみたら、これも大丈夫だった。
さすがに仕事に支障をきたすので、原因を追究する間もなく Outlook よりは使い易いだろうと Thunderbird に移行してみたメモ。

完全ではないけど Thunderbird で無理やり Firemacs を使う方法を見つけて入れてみた。(…と思ったら、フツーに Thunderbird のアドオンとして見つかりますね。フツーに入れても大丈夫なの鴨…?)
だいたいは Emacs ライクなキーバインドでいけるようになって、まぁいい感じ。ぢぶんは mew でメールを書くときには C-l を多用する癖があるけど、これは元々 Firemacs でも使えないみたい(?)。

あと、アドオンを入れてメールの編集を外部エディタ (=NTEmacs)ですることも出来るようになった。
この時、外部エディタとして gnuclientw.exe を指定するとダメだった(編集完了の検知が出来なかった)ので、 gnuclient.exe を指定している。編集終わるまで DOS 窓のウィンドウが出てしまうのはイマイチだけど。(あと何か設定が足りないのか、 gnuclient.exe から NTEmacs が呼ばれたときにフォアグラウンドにこない。 gnueclientw.exe では、ちゃんとくるのに。)

mew のメールの Thunderbird への移行にはコチラにある mhdir2mbox.rb という ruby スクリプトを使わせて戴きました。
ただ、自分の環境では、サブフォルダを持つフォルダのメールが空になってしまう現象が出ていたので、少し mkdirp 関数を変更しました。(FileUtils.mkpath を使うようにしたのはなんとなくです。他に mew のメールのファイルには拡張子 .mew が付いているので、メインルーチンでその対応もしています。)
恐らく、フォルダの処理を一番深い場所から行えば問題ない気がしますが、ぢぶんが mhdir2mbox.rb の実行に使ったシェルスクリプトは上から下へと掘っていく方向だったので。
おかげ様で無事にメール環境の移行が完了しました。

その後、 mew でメールが送信出来なくなった原因を調べてみると…
最初 Exchange サーバの設定変更か?と思ったら、どうも McAfee のバージョンアップのタイミングからダメになってしまったようで、ログを見ると…

.....\NTEmacs\emacs\22.2\bin\emacs.exe    Anti-Virus 標準プロテクト:大量メール配信型ワームにメールを送信させない    xxx.xxx.xxx.xxx:25

…らしい。当然、ぢぶんにこの設定を変更する権限はなく…。
アフォが!と思いつつ、もしやと emacs.exe を outlook.exe にリネームしたら無事に mew からメール送信が出来てしまった(苦笑)。こんなんでいいんでしょうか。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日曜日)

mew on NTEmacs

なんだか久し鰤なんで、続けて備忘録代わりに…
最近の mew  には、メールの Message-ID を DB に登録して、関連するメールを検索出来る機能がありますが、この機能を利用する際に実行される cmew, smew という ruby スクリプトが NTEmacs から実行出来なくて困っていました。ラッパスクリプト書いたり色々試してみるも上手くいかずに困っていたんですが、前から gpg 使う際にお世話になっていて Meadow のソースツリーに含まれている fakecygpty を使うことですんなり動きました。
ただ、最新のソースでは smew が上手く動作しなくて、ちょっと古いソースを使っています。古いソースは元々手元にあったモノなので、詳しいリビジョンとかは確認していませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木曜日)

今日の .emacs

  • フォントの設定

    最近、会社の Windows ノートでは VL ゴシックフォントを使っているけど、 NTEmacs で等幅フォントを使っていてもフォントの face によって幅がズレてしまっていた。
    ずっと mew の summary モードで気になってたんだけど、ようやく対策。
    なんてことはなく、 NTEmacs のページで紹介されていたので、それを VL ゴシック用に設定。
    設定後、フォントが一回り小さく見えたので、サイズを 12 → 14 に変更。快適。

  • MHC

    使っているバージョンは mhc 0.25 + snap (mhc-current-snap20060920)
    新しいバージョンをインストールしようとしたけど、上手くいかず、そのまま。
    前から週番号が表示されるといいなぁ…と思っていて、自分で作るか!と意気込んで少し調べたら、当然ながら(?)実装済みでした :-)

    • (setq mhc-start-day-of-week 1)
    • (setq mhc-use-week-separator t)
    • (setq mhc-summary-use-cw t)

    …すると↓のように週番号が表示されるようになる。 Emacsmhc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水曜日)

ココログ・ベーシック

…に変更。
随分前に、気の迷いで「プロ」に変更していたのだけど、プロである必要は全くないので。

…なので、アニメ化した favicon もお蔵入りに。

しかし全然関係ないけど、 Firefox + Firemacs のお陰で、この記事もまるで Emacs で書いているかのように快適に書けてます。 Firemacs の作者様には mew でも(勝手に)お世話になりっぱなしです。

因みに…調子に乗って XKeymacs も使ってみたけど、自分の場合は、今まで馴染んできた Windows のショートカットとこんがらがってしまってダメでしたshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)