Amiga 関係

2017年5月29日 (月曜日)

AmigaOSのHDDジオメトリ (つづき)

AmigaOS4.1FEをエミュレータにインストールしてる内に、以前にゾンビ化したA4000TのHDDイメージ(HDFファイル)でもブートしてみたくなって、やろうとしたら上手くいかなかったのでメモ。

A4000Tでは、SCSIの4GBのHDDを使ってた。HDDイメージを作った際、手近に4GBのファイルを保存できるメディアが無かったのかどうか忘れてしまったけど、HDD全体をイメージ化したRDB(Rigid Disk Block)ファイルではなくパーティション毎にイメージ化したHDFファイルを作ってた。
AmigaOSは、HDDにアクセスする際、LBA(Logical Block Address)ではなくCHS(Cylinder, Head, Sector)アドレッシングを使うみたい(?)で、パーティションをマウントするにはこのCHSのジオメトリ情報が必要。しかし保存していたHDFファイルに、それら情報は添えられてなかった(ばか)。

SCSIって普通LBAぢゃないの?と思いながら、ジオメトリ情報をどこかに保存してないか探すけど見つからず…。
xdftoolというHDFファイルの読み書きが出来るツールを作ってるヒト発見(GitHub)。
このツールがパーティションにアクセス出来るようなHead(Surface)数とSecter/trackを見つければいいんでは?と、それっぽいスクリプト書いて探ってみた。
昔触れていたATAの仕様が頭にあったのでHeadとSector/trackの最大値をそれぞれ15, 63にしてパラメータ振ってみたけど、バッチリな感じの数字は見つからず。ところどころファイル一覧くらいは見れる組合せはあったけど。

そうこうしている内に、昔のWinUAEの設定ファイルが見つかり見てみると…

  • blocksize="512" sectors="572" reserved="2" surfaces="1" devicename="DH0" (サイズ約200MB)
  • blocksize="512" sectors="572" reserved="2" surfaces="1" devicename="DH1" (サイズ約850MB)
  • blocksize="512" sectors="3326" reserved="2" surfaces="1" devicename="DH2" (サイズ約1GB)
  • blocksize="512" sectors="3326" reserved="2" surfaces="1" devicename="DH3" (サイズ約1GB)
  • blocksize="512" sectors="3326" reserved="2" surfaces="1" devicename="DH4" (サイズ約1GB)
  • blocksize="512" sectors="3326" reserved="2" surfaces="1" devicename="DH5" (サイズ約1GB)
  • blocksize="512" sectors="3326" reserved="2" surfaces="1" devicename="DH6" (サイズ約200MB)

…みたいな感じで予測は全然外れてた orz (そもそもHDDも4GBぢゃないみたい?)
Sector/track(sectors)もパーティションサイズに必ずしも比例していないようで。

今度からパーティション単位のイメージ作る時はCHSジオメトリも忘れずにメモります。

A4000tfusion50percent

ご参考までに画像はmacOS Sierra→(Parallels)→Windows10→(WinUAE)→AmigaOS3.9→(Fusion)→MacOS8.1…と起動してみた様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火曜日)

AmigaOSのHDDジオメトリ (つづく…)

久し振りにアミガの記事というか、ここに書くの自体1年半振りくらいなのか(笑)。

UAEがPowerPCのエミュレートをサポートして、最新のAmigaOS4.1FE(といっても4.1最初のリリースは2008年!)もインストール出来ると聞いて、早速MacのFS-UAEでインストールしてみた(遅)。インストール自体はココとかココとか参考に割りとスムーズに。 Cyberstorm PPCのROMはAmiga Forever 2016にあったけど、QEMUのPPCプラグイン、Picasso IVのROMは自分でダウンロード必要だった(入手先は前述のインストール手順のリンクにあり)。

Installer_desktoptrimmed

あと、欲張ってAccelerator RAMやGraphics RAMを設定してたのがよくなかったらしく(?)、最初Picasso IVを上手く認識してくれず素のAmigaの解像度でインストーラが起動してた。インストール自体は問題なくできたぽかったけど。


Amiupdate_3

因みにAmiga Forever 2016でもOS4.1のインストールをサポートしてるけど、最初、どの設定でもエミュレータが起動できなくて諦めてた。後からCloantoのサポートとやりとりして、Tempフォルダのパスに日本語が含まれてたのが原因だと分かり、取り敢えず使えるようになりますた。この問題は次のアップデートで修正されてるはず :-)
その後、FS-UAEでインストールしたHDDイメージからAmiga Foreverでも無事にブートを確認。

そして以前にゾンビ化したA4000TのHDDもOS4.1でマウントしたくなって、やろうとしたらうまくいかなかった事を書こうと書き始めたタイトルだったけど、疲れたので続きはまた明日にでも…前置きが長すぎて… orz

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水曜日)

New Amiga !!

OSNews記事で読みましたが、またまた新しいアミガの話題が。
でも、今まで何度となく現れてはポシャってた噂と違って、今度こそ期待できそーupupsign02sign02
Hyperion がオープンしたらしい a-eon.com というサイトにアクセスすると、焦らされながらも概要が読めます(英語)。

夏前までにリリース!なんて書いてあるけど、出てほしいなぁ。
Amiga OS も、ハードウェアを活かせるように拡張されるんかなぁ。
コレなら欲しい鴨。

最初から日本語環境は期待できないかもしれないけど、例えば AmiCygnIX 上で既存のモノをポーティングして、取り敢えず何とかなりませんか?と、他力本願。

なんか久し鰤に期待できそうなニュースhappy01
法度も頑張れー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水曜日)

AmiKit for Amiga Forever 2009

ネットでオーダしてから約2ヶ月、 Amiga Forever 2009 のパッケージがようやく届いた。
取り敢えず、オーダ後すぐに iso イメージがダウンロード出来るんで、まぁいいんだけど。

2008 の Premium Edition 買ってたから、 2009 は Plus Edition のダウンロードでもいいかなーと思ったけど、何か Premium Edition 付属のビデオ(DVD)の形式がちょっと変わる…と何処かで読んだような気がして、今回も Premium Edition に。まだビデオは見てないけど。

届いた CDROM には、結構なスクラッチ傷があったけど…インストールに支障ないみたいなんで、気にしたらいかんのかな…。イタリアのメーカーやし…。

Rp_trimmed
Sd

で、 Amiga Forever 2009 から AmiKitAmigaSYS が追加されたんだけど、 AmiKit のインストールが何回やってもうまくいかない。

元々 AmiKit 単体でインストールしてたのが悪さしてる?と思って、アンインストールしたり、 AmiKit 関連のレジストリ全部削除したりしてもダメ。 Amiga Forever の再インストールも何回か試したけどダメ。(エラー時のメッセージは左図みたいな感じ)

みたところ、ダウンロード後、インストールが始まるとコケるみたい。マジメに原因調べるのも面倒いので、取り敢えず、ダウンロードには成功してるっぽいファイルをマニュアルで展開してみた。

ダウンロード済みのファイルは:

%USERPROFILE%\Local Settings\Application Data\Cloanto\Software Director\Wallet\RetroPlatform_-_AmiKit_for_Amiga_Forever_1.5.9\amikit.zip

…にあるみたい。コレを…

%AMIGAFOREVERDATA%\Shared

…に展開してみた。

Af_player そしたら…なんかイケたみたい。ダウンロードしたファイルの保存先は AmiKit のバージョンで変わるんでしょね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月曜日)

Amiga ゾンビ化 (A500, A1200 編)

ぢつはとっくにゾンビ化済みの A500 と A1200 だけど…すでに忘れかけてるけど…忘れきらないうちにメモ。

A500 の場合は、 Supra の SCSI HDD + メモリ入りの箱がサイドカースロットに挿してあるんだけど、一度は起動した後 HDD がスピンダウンして、2度とスピンアップしなくなってしまった。
HDD が逝っていませんように…と Supra の箱から HDD を取り出して A4000T の SCSI に繋いでみると、難なく認識 :-) あとは tsgui でフツーにパーティション毎に吸出し。 120MB なのであっけなく完了。

A1200 は ATA の 2.5" HDD (4GB) を内蔵してあるので、まずはそれを取り出し USB 接続の HDD ケースに入れ PC に繋いで WinUAE でマウント。
WinUAE 上の tsgui でパーティション単位、ディスク丸ごとでそれぞれイメージを作ってみる。 Ideapad でも Amiga と比べたらかなり高速でイメージ完成。しかし、できたパーティションのイメージが WinUAEADF Opus で認識されない。ディスク丸ごとイメージ(RDB)は WinUAE で使えるよう。
WinUAE で USB 接続の HDD でやっているからか…?と実際の A1200 で tsgui を実行してみるも、結果は同じ。 tsgui は ATA のドライブのパーティションイメージが上手く作れないのか?
因みに A1200 では、パーティション/ディスクイメージの保存先をどうしようかと考えて、 PCMCIA に挿した CF を使う事にした。確かsweat02 cfd (compactflash.device) と fat95 (Win95/98 compatible file system) を網ネットから落として難なく FAT32 の CF (8GB) を認識。…が、 8GB というサイズがよくなかったのかイメージファイルを保存した後 PC でマウントするとエラーが出るので、修復してファイルを取り出した。

そういえば、注文した Amiga Forever 2009 なかなか届かんなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水曜日)

自宅 Amiga ゾンビ化計画始動…

Wii 用の Amiga エミュレータ UAE4Wii を見つけて、嬉しがって Workbench 1.3 (ご参考) のフロッピーイメージからブートさせてみたら、これがちゃんと立ち上がった。当然か。

Amiga Forever 付属の暗号化された ROM イメージには対応していないみたい(?)なので、ぢぶんの Amiga から抽出したイメージを使用。
あと、ビデオが PAL モードみたいで、画面の上下が若干切れてる感じ。
確か付属のテキストには、 1.3 の ROM 使えって書いてあったけど、 2.05(2.04?) の ROM でもブート出来たので、起動時にマウスのボタン両押しでブートメニュー表示させてビデオを NTSC に切り替えようとするも、なぜか肝心の Display Options のボタンが押せない…。そういえば起動後に PAL/NTSC 切り替えるツールもあったよな…網ネット(ダジャレか)で探してみよ…。

Wii リモコンでのマウス操作は、まだまだ難ありだけど、これはエミュレータの目的が主に Amiga のゲームをするためだから鴨?まだゲームはしたことないのでゲームでの操作感はわからないけど。

Wii でアミガが動いた!と喜んでいる内に、おうちに眠っている3台のアミガは大丈夫なのか?ハードディスクまだ読めるのか?と、急に不安になってきて、ハードディスクが読める内にイメージ化しておき、 UAE で永遠の命を…と思い立ったメモ。(続く…きっと)

My_a4000t_on_winuaeあ゛…これぞ Amiga Forever なのか。

写真は、取り敢えず Ideapad 上でゾンビ1号となった A4000T (ご参考)で、 Fusion 用のパーティションもイメージ化して Fusion が無事起動した図。残りの Amiga も含めてゾンビ化の顛末は後ほど(きっと)。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月曜日)

Amiga Forever 2008

出張先のホテルで、うっかり Amiga Forever 2008 ページの Submit (決済) ボタンを押してしまった… ^^;;
もともと前から "The Deathbed Vigil" や Jay Miner さんのインタビュー映像とか見たいと思ってたんだけど、ちょうど 2008 が出たということで(?)。
当初、 2008 へのフリーアップグレード付き 2006 のアップグレード版(ややこしい)を注文したんだけど、「在庫の関係で、ちょっと待って貰って、いきなし 2008 のパッケージ送ってもいい?」と Cloanto から確認メール。快くオッケー。
今まで Amiga Forever 2.0 しか持ってなかったけど、調べてみると 1998 年春の発売らしい。更に言うと、その時も 1.0 Preview Edition からのフリーアップグレードだった。ここから更に 2008 へのアップグレードが出来るとは、エライぞ。
パッケージ版が届く前にオンライン版がダウンロード出来るそうなので、さっそく落としてみたけど、 2006 のセットアップ時には旧版のシリアルナンバー聞いてくるのに、 2008 では何も聞かれなかった。きっと 2008 はアップグレード版ではなく通常版だったのか…?エライぞ(笑)。

Af_9fingers さすがに持ってたモノから 10 年新しいリリースなので、色々と使いやすくなってる感じ。
プリインストールされているデモやゲームは、メニューから選んでピッとスタート出来る。
懐かしの spaceballs とかのデモをつらつらと眺めてみる。左のスナップショットはフルスクリーンになってるけど、実際のところ、会社の PC (Centrino 1GHz + 1GB mem, XGA) では厳しいようで、音が途切れる。×2サイズのウィンドウで見るのが今のところ快適。

Gru あと、 "Hardwired" っていうデモ見てる時に、思いがけず懐かしい画面に遭遇。きっとエミュレーションモードが合ってないんかな。

しかし、なんかエミュレータで見るデモは薄っぺらな感じがする。色や画がキレイ過ぎるのか…?謎。実機と 1084 モニタを引っ張り出したくなったけど、面倒なので多分出さない…(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金曜日)

Vista の音声認識…

ぢつは、 Windows Vista に音声認識機能があることすら尻ませんでしたが ^^;;

スラドでみつけた、音声認識を使って Perl のコーディングをしてみようという Microsoft Vista Speech Recognition Tested - Perl Scripting には思わず笑ってしまいました。時々ズルしてるし(笑)。

カーナビの音声認識率の悪さにも腹が立って殆んど使わなくなりましたが、コンピュータと会話出来るようになるまでには、まだ時間がかかりそうですね。

コレとは逆(?)ですが、昔、アミガの say コマンドで如何に日本語らしく喋らせるか…と遊んでいたのを思い出しました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土曜日)

Aminet 検索プラグイン for Firefox

Aminetsearch ひさーし鰤に Amiga なお店でウィンドウショッピング(?)を楽しんでいて、つひつひチェックアウトボタンを押しそうになりつつ、こらえて Aminet を覗いてみたら Firefox 用のサーチエンジンプラグイン(?)を発見。これで随分ラク出来そうです(うそ)。

Aminet で "Mozilla" をキーワードで検索すると同じようなプラグインが2つ見つかりますが、 firefox_searchplugin.zip の方を使いました。もひとつの方はリンク先が古くて今は使えないようです(アイコンはコチラの方が好みなんですが)。

あと今回始めて尻ましたが、 Firefox のサーチエンジン追加も結構簡単に出来るんですね。 上記 firefox_searchplugin.zip 内の ami.src をエディタで開くと判ります。 xml にすると、アイコンも埋め込めるんか。   

しかしホントは、未だに Urban Müller さんが Aminet のメンテやられてる事に一番驚きつつ感心したり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木曜日)

アミガ部屋?

アミガ部屋?

なんか、モブログ楽しいぞ!と、もう一発(笑)。

引っ越ししたまま放置気味のアミガ達…。
も少し待っててねー (;_;)/~~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧