« Apache2 + Subversion on Solaris 10 | トップページ | Vista 仮想化からの Windows8 アップグレードとか »

2012年10月30日 (火曜日)

migemo の ruby 1.9 対応 (NTEmacs + Cygwin)

そういえば最近 migemo がちゃんと動いていなかったので直したメモ。
Emacs と Ruby は、それぞれ:

GNU Emacs 24.2.1 (i386-mingw-nt6.1.7601) of 2012-09-22 on GNUPACK
ruby 1.9.3p286 (2012-10-12 revision 37165) [i386-cygwin]


こちらの情報を参考にさせて戴いてすんなり終了。有難うございます。
自分の場合 migemo を使うのは NTEmacs からだけなので、 migemo のスクリプトは変更せず下記のように .emacs の migemo 起動オプションに "-Ke" を追加。 (migemo.el と辞書はeuc-jp)

(setq migemo-command (expand-file-name "/usr/bin/ruby"))
(setq migemo-options '("-Ke" "-S" "migemo" "-t" "emacs" "-i" "\a")) ;; "-Ke" for ruby 1.9 

最初、こちらの情報を参考にさせて戴き、比較的導入の簡単な C/Migemo を入れてみたけど、正規表現辞書(regex-dict)追加方法が分からず、結局 Ruby 版に戻ってきました。

やっぱり快適 :-)

|

« Apache2 + Subversion on Solaris 10 | トップページ | Vista 仮想化からの Windows8 アップグレードとか »

Emacsen」カテゴリの記事

スクリプティング」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144752/56001767

この記事へのトラックバック一覧です: migemo の ruby 1.9 対応 (NTEmacs + Cygwin):

« Apache2 + Subversion on Solaris 10 | トップページ | Vista 仮想化からの Windows8 アップグレードとか »