« XWinX で SPARC な Solaris に接続し鯛とです | トップページ | SSD & WSH2011 インストールとか »

2011年12月17日 (土曜日)

日本語なのに GB2312 なメールの文字化け

会社の Outlook なヒトからのメールがたまに禿げしく文字化けしています。ボディは日本語なのにヘッダを見ると GB2312 でエンコードされてるみたい。
Outlook だと問題無く読めてしまうので、発信者に伝えてもピンと来ない感じ。きっと。
社外のヒトは Outlook を使っているとは限らないので、一応、注意した方がいいと思うんですけど。

何となくだけど、 UTF-8 な英文(?)のメールに対して日本語で返信/転送した場合に多いような感じ。これを何とか Mew で読めんかなとちょっと調べたらすぐ分かったのでメモ。

古い記事ですが、こちらのページが参考になりました。 CP936 として読めば文字化けなく読めるんですね。 Mew だと Summary モードで対象のメールを選択した状態で C-u C-c C-l して cp936 を指定します。 (これで直せるのはメッセージボディの文字化けだけですが)

これまでこの文字化けしたメールを読むためだけに Outlook 立ち上げてたのが必要なくなりました :-)

|

« XWinX で SPARC な Solaris に接続し鯛とです | トップページ | SSD & WSH2011 インストールとか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144752/53505137

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語なのに GB2312 なメールの文字化け:

« XWinX で SPARC な Solaris に接続し鯛とです | トップページ | SSD & WSH2011 インストールとか »