« corega 無線 LAN ルータ CG-WLRGNX の MAC アドレスフィルタ | トップページ | DavMail »

2011年3月22日 (火曜日)

会社 PC の WinXP 再インストール後の色々…という程でもないけれど

先月末、また会社の WinXP な PC が突然起動しなくなって、社内の IT 屋さんのお世話になるも結局 WinXP 再インストールされて戻ってきたので、シゴト環境復旧のメモ。

因みに起動しなくなった際の症状は、出社直後の電源オンでいきなり "Disk error occurred. Press Ctrl+Alt+Del to reboot" みたいなメッセージが表示されるだけで、うんともすんとも言わず。1時間前にはホテルで使えてたのに。
幸い HDD は読めたので、 USB 接続の安い HDD 外付け用のケースに入れて、会社で借りたスペア PC を使い別のバックアップ用外付け HDD にデータを退避。

今度は戻ってきた PC にバックアップしてたデータを戻してあげんといかんのですが、エクスプローラでやると多分途中で止まるかな…と思いつつも面倒いからエクスプローラでコピーを始めて放置しとくと、案の定よく分からんエラーで止まってる。エラーしたファイルだけスキップして継続する事もできず、残り時間2分という表示で止まってるところがまた残念。
結局、 DOS 窓から robocopy とかでやるのがいいんでしょうか。 robocopy って "Robust File Copy for Windows" の事らしいけど、うまく略せてないような。今回使ったコマンドラインは下記:

robocopy source-dir destination-dir /E /COPYALL /X /V /TS /FP /TEE /LOG:C:\somewhere\robocopy.log /IS /R:1 /W:1

ローカルディスク間のコピーなんで、リトライ1回。ログとっとくと後でエラーしたファイルの確認に便利。今回エラーしてたのはジャンクションだけだったのでジャンクション貼り直して解決。ジャンクション貼る時に使う linkd コマンドは Unix の ln コマンドと引数の順番が逆なのが紛らわしい。

後は、最低限の環境変数を設定して、前から使ってる Google 日本語入力と、 RamPhantom を入れ直して大体終了。 RamPhantom はこの機会に RamPhantom7 から RamPhantomEX にアップグレード。しかしインストール後最初のリスタートでブルースクリーン。諦めて削除しようかと考えつつネットで検索してみると「高速作成のオプションをチェックしないとブルースクリーンが出る」との記事を見つけて解決。

スペア PC を使ってる時に Firefox で Flash が見れなくなり最新にしてた Flash プラグイン (NPSWF32.dll) だと自分の PC で Flash が見れなかったので、元の古めのバージョンに戻して解決。ビミョーに Flash のバージョンが違うんかな。

…な感じで、ほぼ以前の環境に復旧。後は躓いた時にバータリーに対処するつもり。
なるべく自分のデータは一ヶ所にまとめとくと、バックアップ・リストアが楽ですねと再認識。

赤霧は生(き)がおいしい。

|

« corega 無線 LAN ルータ CG-WLRGNX の MAC アドレスフィルタ | トップページ | DavMail »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144752/51185075

この記事へのトラックバック一覧です: 会社 PC の WinXP 再インストール後の色々…という程でもないけれど:

« corega 無線 LAN ルータ CG-WLRGNX の MAC アドレスフィルタ | トップページ | DavMail »