« knoppix 6.2 で caps キーと ctrl キーのスワップ | トップページ | オランダから戻った翌日… »

2010年4月11日 (日曜日)

消えたパーティションの復活 (長文注意)

先週、自宅に持ち帰った会社 PC (Thinkpad T43, Windows XP SP2) で、ちょっとした事故があって HDD のパーティションテーブルが消えてしまったみたい。…で、読み出せなくなってしまった HDD にパンパンに詰まってた、 55GB 程のデータを救いたいと頑張ったメモ。

ネットで調べたら Gpart (英語版 Wikipedia) とか TestDisk (英語版 Wikipedia) で、消えてしまったパーティションを見つけてくれるらしい。どこかのページで TestDisk よりも Gpart を推してたので Gpart を使おうと思ったら、手元の knoppix 日本語版 の 6.2 には収録されてないみたい。…で、慌てて探した 5.3.1 の DVD に入ってた Gpart で早速スキャンしてみたけど、残念ながら何も見つからなかった…。
試しに、私物の PC (Ideapad S10e, Windows XP SP3) を使って全領域を1パーティションで切ってみたけど、ダメ。
でも、きっと、会社の同じ機種の HDD からパーティションテーブルをコピればいけるんでは?との希望的観測でその日は終了。

早速、会社で同じ機種の PC が借りれたので、 knoppix で起動して MBR (日本語版 Wikipedia) を自分のにコピってみた。これで、それらしいパーティションは現れたけど、ブートしようとすると "There has been a signature failure." と連続して表示されるだけで起動しない。
あー、 MBR 丸ごとでなくパーティションテーブルだけコピればよかったか…と、凄く後悔したけど、実はこのエラーとパーティションが見えないのは別問題みたい。後で分かったけど。でも、コピる前にバックアップはとらんとね。
結局、その日のシゴトは、ほぼ、この手の調べモノで1日つぶしてしまった…。ごめんなさい。隣のヒト。
"fdisk /mbr" とか "fixmbr" で直るという情報があったので、自宅に戻って私物 PC で回復コンソールを起動して fixmbr を試してみたけど、やっぱり Windows は起動しない。
ただ、前のエラーは消えて、今度は "IBM Rescue & Recovery" が常に起動するようになった。 MBR を比較してみると、ブートローダの部分が書き換わってる。
因みに、 Win9x 系と WinNT 系の fdisk では、 "fdisk /mbr" した時の動作がビミョーに違うらしい。前者は MBR の Disk signature をクリアするけど、後者はしないそう。 WinNT 系では、パーティションの管理に Disk signature を使うからでしょうね。

いっそ諦めて、 Windows クリーンインストールで全部忘れてしまえばスッキリするかも…と思いかけたけど、来週、お客さんとこ行く予定もあるし、やっぱり空の PC だとツライなぁ…と考え直して、週末をリカバリにかける決心をする。言うほど大げさでもないけど。

…で、いちおやってみようかと、 knoppix 6.2 を起動して前述の TestDisk をかけてみたら、なんとあっけなくパーティションが見つかって、パーティションのブートセクタもバックアップセクタから復旧。
knoppix でマウントしてみたら、ちゃんと NTFS ボリュームとしてマウントできて、中身も全部(たぶん)あるみたい。最初からキミを信じていればよかったよ、ホントにゴメンなさい…。
さすがに "Quick Search" では見つからず、 "Deeper Search" をしたけど、それでも Gpart でのスキャンより全然早かったし、進行状況も見れて安心感もある。実は全然こっちがオススメでは。
会社で借りた PC とは、パーティションテーブルが違ってたので、単純にコピってもダメだったみたい。全部同じ HDD イメージからインストールしてるだろうから、その辺も同じはず…と思ってたけど、そうでもないのか。 HDD も同じ機種で同じサイズだったんだけど。

こんどこそ!とリブートして Windows が起動するのを期待したけど、そうはいかず MBR のブートローダの部分のタイプによって前と同じエラー/現象となって起動しない。 しかし、取り敢えずデータが取り出せそうなので、よしとする。 会社の IT のヒト、ごめんなさい。

最初、 IBM Rescue & Recovery の Rescue files の機能を使ってデータを取り出そうとしたけど、ディスク全体をコピー対象にしたら数時間経ってもコピーの準備すら終わらないので、作っておいた Windows PE の DVD でブートして robocopy という初めて見るコマンドで USB の外付け HDD にコピー完了しました。 (xcopy でやろうとしたら robocopy をお使いなさいと言われたので)
knoppix でもデータのコピーは出来るけど、ファイルのパーミッション等が Windows でコピーした方がいい感じに残せるかな…と思って。でも結局、 Cygwin で作ったファイルの一部が読み出せないとかでエラーしてたので、念のため knoppix で HDD 全体のイメージもバックアップしときますた。

結構、時間をつかってしまったけど、久しぶりに MBR の事調べたり、 Ideapad の HDD に回復コンソールを入れる方法とか、 Windows XP の Support tools 取ってきたり、 Windows PE の DVD 作ったりと勉強になりました。今のシゴトには全く活かせませんけど。

作業メモ:

  • ideapad で、回復コンソールをインストールするには:
      c:\i386\winnt32 /cmdcons
  • WinXP SP3 の Support tools のインストールは、 MS のページから iso イメージを取ってきてマウントして:
      \SUPPORT\TOOLS\SETUP.EXE
  • Windows PE の DVD 作るには、 MS のページから iso イメージを取ってきてマウントしてゴニョゴニョしましたが、検索すると色々ひっかかると思います。例えばココとか(ちょっと古そうですけど)。

|

« knoppix 6.2 で caps キーと ctrl キーのスワップ | トップページ | オランダから戻った翌日… »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144752/48057501

この記事へのトラックバック一覧です: 消えたパーティションの復活 (長文注意):

« knoppix 6.2 で caps キーと ctrl キーのスワップ | トップページ | オランダから戻った翌日… »