« 2009年4月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日曜日)

Amiga ゾンビ化 (A4000T 編)

取り敢えず、 A4000T から着手したメモ。
なんとなく HDD のイメージの保存先は、ずいぶん前に MuVo² から引っこ抜いてあった 4GB MicroDrive にしようと、パソコン工房で喜多見を購入。 1500 円くらい。

A4000T 標準の IDE ポートには何も接続していなかったので、そこに接続してすんなり認識。ちなみに DVD ドライブは Buddha の IDE ポートに接続してあり、計 3 つの HDD は全て SCSI 接続。

後は HDToolbox でパーティション作って FFS でフォーマットすれば、使える状態。

イメージの吸出しには、網ネットにある tsgui というモノを使用。ディスク全体か、パーティション単位でのイメージ化が可能だけど、保存先の容量の関係もありパーティション単位で。 A4000T に存在するパーティションのサイズは全て 1GB 以下。

考えてみたら、今までアミガで 1GB もあるファイルの読み書きしたことなかったなぁ…と思いつつ始めるが、さすがに 1GB のパーティションだと 1 時間以上かかってたと思う。(処理中は放置してたので、はっきり分からないけど…)

途中、 2, 3 度ハングしながらも、アミガのパーティション 7 つのイメージ化が完了。ブートパーティションのイメージ化も出来てしまうのがアミガらしい感じ。

Fusion 用の HFS フォーマットの HDD(1GB) はどうするか…と少し考えて、 Fusion 上の Mac OS で DiskCopy でイメージ化することに。 Fusion で使うハードディスクイメージは DiscCopy で作るイメージと同じ形式でなければならなかった気がしたので。

Fusion を Mac OS 8 の CDROM イメージからブートして、 DiskCopy を起動する。

問題の HDD のイメージ化を早速行おうとするが、「ディスクからイメージを作成」ではエラーしてしまうので、「フォルダからイメージを作成」した。イメージの保存先は件の MicroDrive に 1GB ちょっとの空の Fusion 用イメージファイルを作って、それを使った。

一応、 KickStart ROM のイメージも吸い出す。これは AmigaForever 付属の transrom というプログラムで可能。

アミガなフォーマット(FFS) の MicroDrive は、 AmigaForever がインストール済みの PC のスロットに挿入して、 Amiga のエミュレータ (WinUAE)上でマウントしてやる。

WinUAE は PC のドライブ/ディレクトリもマウントできるので、 MicroDrive から PC のドライブへとディスクイメージのコピーが出来るんだよねーhappy01

というかんじで、 A1200, A500 につづく…はず…

ご参考: おうちのアミガは、以下の3台 (スペックうる覚え…):
A4000T (AMIGA Technology 製、新品で購入)
  Cyberstorm 060 MkII (68060/50MHz)
  HDD 計 Amiga 5GB + Fusion (Mac OS 8.1) 1GB
  FastMem ??MB
  Cybervision64
  Catweasel MkII
  Buddha IDE
  Scandex (scan doubler)
  OS3.9

A1200 (戴き物)
  GVP 1230 (68030/??MHz)
  2.5" IDE HDD (4GB)
  FastMem 8MB
  OS3.9

A500 (中古で購入した My first Amiga)
  60000/7MHz
  Supra SCSI HDD (120MB)
  FastMem 4MB
  Fatter Agnus
  Multistart II (1.3/2.1)
  OS2.1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木曜日)

YouTube の動画形式

最近、シゴトの傍らsweat02ちょこちょこ YouTube の動画落としてますが、知らない間に高画質のモノが増えてますね。…で、 HQ18 とか HQ22 とか HQ35 とかあるけど、どれがいいん?…と、検索してみたメモ。

こちらのサイトを参考にさせて戴きました。 <(_ _)>

HQ22 は、かなりキレイですね。しかし ideapad での再生はキビシそう。
HQ35 は今のところ、こないだ入れた SMPlayer で問題なく再生出来るっぽいんで、このくらいがいいの鴨。
今までなんとなく flv よりも mp4 の方がキレイなんでは?と思い込んでたけど、必ずしもそうではないんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水曜日)

自宅 Amiga ゾンビ化計画始動…

Wii 用の Amiga エミュレータ UAE4Wii を見つけて、嬉しがって Workbench 1.3 (ご参考) のフロッピーイメージからブートさせてみたら、これがちゃんと立ち上がった。当然か。

Amiga Forever 付属の暗号化された ROM イメージには対応していないみたい(?)なので、ぢぶんの Amiga から抽出したイメージを使用。
あと、ビデオが PAL モードみたいで、画面の上下が若干切れてる感じ。
確か付属のテキストには、 1.3 の ROM 使えって書いてあったけど、 2.05(2.04?) の ROM でもブート出来たので、起動時にマウスのボタン両押しでブートメニュー表示させてビデオを NTSC に切り替えようとするも、なぜか肝心の Display Options のボタンが押せない…。そういえば起動後に PAL/NTSC 切り替えるツールもあったよな…網ネット(ダジャレか)で探してみよ…。

Wii リモコンでのマウス操作は、まだまだ難ありだけど、これはエミュレータの目的が主に Amiga のゲームをするためだから鴨?まだゲームはしたことないのでゲームでの操作感はわからないけど。

Wii でアミガが動いた!と喜んでいる内に、おうちに眠っている3台のアミガは大丈夫なのか?ハードディスクまだ読めるのか?と、急に不安になってきて、ハードディスクが読める内にイメージ化しておき、 UAE で永遠の命を…と思い立ったメモ。(続く…きっと)

My_a4000t_on_winuaeあ゛…これぞ Amiga Forever なのか。

写真は、取り敢えず Ideapad 上でゾンビ1号となった A4000T (ご参考)で、 Fusion 用のパーティションもイメージ化して Fusion が無事起動した図。残りの Amiga も含めてゾンビ化の顛末は後ほど(きっと)。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年9月 »