« DVD 再生 on Windows XP | トップページ | 自宅 Amiga ゾンビ化計画始動… »

2009年4月30日 (木曜日)

mew から Thunderbird へ…

ある日突然、会社の PC でメールが送信出来なくなってしまった。
ただ、送信出来ないのは普段使っている mew on NTEmacs で、会社標準の(…と思われる) Outlook からは問題なく送信出来ていて、試しに Thunderbird から送信してみたら、これも大丈夫だった。
さすがに仕事に支障をきたすので、原因を追究する間もなく Outlook よりは使い易いだろうと Thunderbird に移行してみたメモ。

完全ではないけど Thunderbird で無理やり Firemacs を使う方法を見つけて入れてみた。(…と思ったら、フツーに Thunderbird のアドオンとして見つかりますね。フツーに入れても大丈夫なの鴨…?)
だいたいは Emacs ライクなキーバインドでいけるようになって、まぁいい感じ。ぢぶんは mew でメールを書くときには C-l を多用する癖があるけど、これは元々 Firemacs でも使えないみたい(?)。

あと、アドオンを入れてメールの編集を外部エディタ (=NTEmacs)ですることも出来るようになった。
この時、外部エディタとして gnuclientw.exe を指定するとダメだった(編集完了の検知が出来なかった)ので、 gnuclient.exe を指定している。編集終わるまで DOS 窓のウィンドウが出てしまうのはイマイチだけど。(あと何か設定が足りないのか、 gnuclient.exe から NTEmacs が呼ばれたときにフォアグラウンドにこない。 gnueclientw.exe では、ちゃんとくるのに。)

mew のメールの Thunderbird への移行にはコチラにある mhdir2mbox.rb という ruby スクリプトを使わせて戴きました。
ただ、自分の環境では、サブフォルダを持つフォルダのメールが空になってしまう現象が出ていたので、少し mkdirp 関数を変更しました。(FileUtils.mkpath を使うようにしたのはなんとなくです。他に mew のメールのファイルには拡張子 .mew が付いているので、メインルーチンでその対応もしています。)
恐らく、フォルダの処理を一番深い場所から行えば問題ない気がしますが、ぢぶんが mhdir2mbox.rb の実行に使ったシェルスクリプトは上から下へと掘っていく方向だったので。
おかげ様で無事にメール環境の移行が完了しました。

その後、 mew でメールが送信出来なくなった原因を調べてみると…
最初 Exchange サーバの設定変更か?と思ったら、どうも McAfee のバージョンアップのタイミングからダメになってしまったようで、ログを見ると…

.....\NTEmacs\emacs\22.2\bin\emacs.exe    Anti-Virus 標準プロテクト:大量メール配信型ワームにメールを送信させない    xxx.xxx.xxx.xxx:25

…らしい。当然、ぢぶんにこの設定を変更する権限はなく…。
アフォが!と思いつつ、もしやと emacs.exe を outlook.exe にリネームしたら無事に mew からメール送信が出来てしまった(苦笑)。こんなんでいいんでしょうか。残念です。

|

« DVD 再生 on Windows XP | トップページ | 自宅 Amiga ゾンビ化計画始動… »

Emacsen」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144752/44839363

この記事へのトラックバック一覧です: mew から Thunderbird へ…:

« DVD 再生 on Windows XP | トップページ | 自宅 Amiga ゾンビ化計画始動… »