« 何もしてないのにルータのアクセスランプがピコピコ… | トップページ | fstab »

2008年4月 8日 (火曜日)

ここ数日にやった色々をメモ…(おうち linux 編)

マザーボードを交換してからオンボードの NIC が eth0 → eth1 に変わってしまっていて気になってたんだけど… [debian-users:49331] に答がありました。

ここ暫く aptitudelinux-image のアップデートに失敗していたので少し調べたら、どうも /boot/grub/device.map に今は存在しないドライブが記載されていたからみたい。不要な登録を削除したらなおった。
python-pyatspi, gnome-orca (python-pyatspi に依存) パッケージもアップデートに失敗していたけど、これは古い python2.3 のパッケージを削除したらなおった。
python-pyatspipython2.3 をサポートしないのが原因らしい。…と何処かで読んで。

あと、 ADSL のルータを別の部屋に移動する為に、 Linux box を無線 LAN 化しようとあれこれ。

まず、マザーボード (P5GD2 Deluxe) にオンボードの無線 LAN を使おうと…

lspci の結果をみると:

01:00.0 Ethernet controller: Marvell Technology Group Ltd. 88W8310 and 88W8000G [Libertas] 802.11g client chipset (rev 07)

マザーボード付属の ASUS の CDROM にある Win2k 用のドライバが ndiswrapper で使えるらしい…と試してみる。 (WinXP 用のでもいいのかも)

MRV8KA50.sys
mrv8ka51.inf
mrv8knet.cat

というファイルがあるので、 MRV8KA50.sysmrv8ka51.sys にリネーム。

ndiswrapper -i mrv8ka51.inf (ドライバインストール)
ndiswrapper -l (インストール確認)
ndiswrapper -m (モジュール組込み設定)

後は /etc/network/interfaces に必要な設定を記述。
今回は WPA-PSK の認証を使いたくて GUI のツールでの設定はダメっぽかったので。
wpa_supplicant パッケージをインストールして設定してみるも、結局、うまく繋がらず。 WEP 使う設定だとすんなりいったような気はするけど、今回は試していない…

…なので、余っていた NEC の madwifi で使える PCMCIA のカードがあったので、これまた余っていた PCI に挿す PCMCIA アダプタ経由で装着。madwifi のモジュール入れてすんなり認識。 WPA-PSK の方も↑でしていた設定でほぼそのまま使えて繋がった…何かエラーメッセージは出てるけど。

この辺の顛末は後ほど…続く(きっと)…

|

« 何もしてないのにルータのアクセスランプがピコピコ… | トップページ | fstab »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144752/40795648

この記事へのトラックバック一覧です: ここ数日にやった色々をメモ…(おうち linux 編):

« 何もしてないのにルータのアクセスランプがピコピコ… | トップページ | fstab »