« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年1月

2008年1月11日 (金曜日)

デガクセップ

Mojibakefirefox_2

何気に Iceweasel(Firefox)でファイルをダウンロードしようとしたら、いい感じに(?)に文字化けしていたのでメモ(笑)。
Iceweasel を起動しなおしたら治ってしまった…残念!
多分、 Iceweasel 起動後に aptitude 実行したので、何かが更新されて不整合が起きたのか…謎。

ファイル・システム モァイル・シガスム
フロッピー・ドライブ モロッメワ・ドライャ
デスクトップ デガクセップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく Beryl :-)

去年書いててポストしそびれていたモノだけど、せっかくなので :-)

おうちの debian box を、出張先で買った中古の ASUS の P5GD2 Deluxe というマザーボード(6000 円弱)に入れ替えてみたメモ。
最初、何故か BIOS の設定で 5% オーバクロック且つ USB2.0 を disabled にしないと、ハングして OS がブートしなかったけど、一度、キーボード以外の USB デバイスを外して立ち上げたら無事にブート。その後は、 USB デバイスを繋いでも BIOS の設定変えても大丈夫になった(謎)。
ビデオカードは玄人指向の GF7300GT-E256H  なんで nVidia のサイト から Linux 用のドライバをダウンロードしてインストール。 debian パッケージのモノでは上手くいかなかったので。
nVidia のドライバも、前に落としたモノではダメだったので、改めて NVIDIA-Linux-x86-100.14.19-pkg1.run というモノをダウンロードして、更に --update オプション付きで実行してインストール。

CC=gcc-4.1 ./NVIDIA-Linux-x86-100.14.19-pkg1.run --update

これで、 gdm のログイン画面が出て、 Beryl も aptitude からインストールして、すんなり起動。しかし、アプリを立ち上げて使ってるうちにハングしてしまう…。色々調べてるうちに Beryl のデコレータを emerald から aquamarine に変えたら、今のところ、すこぶる安定。

その後、何度か aptitude を実行した後 Beryl を起動すると X が再起動してしまうようになってしまい、取り敢えず NVIDIA のドライバを再インストール。

ERROR: File '/usr/lib/xorg/modules/extensions/libglx.so' is not a symbolic link.

↑と出てたので、きっと何かの更新で上書きされてしまってたのか。

後は、 Gnome のセッションに Beryl Manager を起動するよう追加。

P5GD2 Deluxe は ITE8212 がオンボードなんだけど、もともと玄人指向の同じ ITE8212 ベースの ATA133RAID-PCI2 に繋いでた PATA の HDD (x2) を繋いで立ち上げると ATA のエラーだったか BUSY タイムアウトだったかが出ていたので、取り敢えず実績のある元のボードを挿して使ってる。ファームウェアの違いか…?

…と、まぁ一応、落ち着いた感じ。

Beryl2small左は、 Iceweasel(Firefox) の手前のスケスケの Windows XP on VMWare Player の手前で、ホンダの福袋に入ってた S2000 の DVD を再生しつつ、めくってみた図。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »