« Vista の音声認識… | トップページ | レース!! »

2007年2月16日 (金曜日)

XWinX …今さら?

最近は、仕事で Solaris に触ることが多いんだけど、いちいち Windows PC とを行ったり来たりするのが結構面倒。
殆どの場合は、 Cygwin の Emacs を Solaris に飛ばせば用は足りるんだけど、 Windows アプリの画面を見つつ作業したい時とか。何せ Solaris には殆んど何のアプリも入れられないので。

Windows アプリの画面を X サーバに飛ばせればなぁ…とググってみると、 XOpenWin というプロジェクトがあるのを発見。…しかし、まだ何もない (T^T)

LinuxからWindowsを操作するには というページも見つけたけど、紹介されている XWinX  プロジェクトのページは既に落ちてしまってるみたい。
XWinX は、 XOpenWin と違い Windows の画面全体を X サーバ上に表示して操作するタイプ。 VNC の様なイメージ。しかし、恥ずかしながら昨日まで XWinX については全く知らなかったよ。

諦めずに探してみると、プロジェクトのページは The Wayback Machine のアーカイブに残ってた。しかし肝心の XWinX のソースやバイナリのリンクが切れてしまってるので、更に探すと The T-Systems SfR "Fresh" Software Archive にソースが残ってた!。

早速、ソースを落としてビルドしてみる。そのままビルドするには Cygwin が必須みたい(?)多分。あと手元の環境では些細なコンパイルエラーが出たので、ソースファイル 1 個だけ 1 行追加。

使った印象は、 X サーバ側がそこそこパワフルなら、そこそこ使える感じ。 http で現在の画面を png ファイルとして送信する機能もあるけど、何に使うか ^^;;
ひとつだけ謎なのは、 Windows で使っている NTEmacs のウィンドウが XWinX の画面では完全に透明化しているようで表示されないこと。

ちょっとソース読んで勉強してみるか…(何の?)。

|

« Vista の音声認識… | トップページ | レース!! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144752/13927429

この記事へのトラックバック一覧です: XWinX …今さら?:

« Vista の音声認識… | トップページ | レース!! »