« 2006年1月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水曜日)

英英辞書 on 702NK

昔、 Psion 5mx や revo では、 Collins Cobuild Dictionary がお気に入りだったんだけど、 PC の HDD が飛んでインストーラを紛失してしまったり、かつての販売元が既に販売を止めていたりで、 702NK で使える辞書を探してみた。

取敢えず、今、
epocware にあった MERRIAM-WEBSTER DICTIONARY
と、
MobileSystemsMSDict Concise Oxford English Dictionary  (S60)
を、お試し中。

今のところの印象では MSDict かなぁ。

Webster(SlovoEd) の方は、 Psion で使っていた CoBuild の辞書のように、解説文中の任意の単語をクリックして更にどんどん検索出来るのがいいんだけど、全体的に動作が若干重い感じ。ボタンやインクリメンタルサーチの応答が遅い。
あと、検索する度に、 IM の設定を 漢字 → abc と切り替えなきゃならない。英数入力時に T9 を使用していると、ちょっとだけコツ(?)もいるし。
SlovoEd 用の Sound Module を追加すると、ネイティブによる発音も聞けていいんだけど、思ったより収録語が少ない(贅沢を言えばキリがないけど^^;)。

MSDict の方は、比較的動作が軽く特にストレスは感じない。上の辞書の他にも Oxford の辞書がいくつか用意されている。
因みに、現在、 PhrasesIdioms も併せて試用中。
IM については、最初に一度、 漢字 → abc と切り替えれば、後はそのままで大丈夫。 T9 使用中も、 T9 の予測候補が変わる度に検索語も追従するので、 SlovoEd の時のようなコツも要らない感じ。あと、 Symbian OS のテーマにも対応していて比較的新しいのかな?

…でも、上記の差は辞書自体でなくビューアの話なので、 SlovoEd がもう少し快適に動いてくれたらいいだけかも。あ、出来たら辞書はやっぱり Collins CoBuild がいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水曜日)

応援します!

オレも頑張らないと :-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火曜日)

702NK のメール受信箱

最近、メールに画像添付しようとすると、「開いています…」みたいなメッセージが出たっきり、一向に先に進まない事がよくあります。
…で、ふと受信箱のメールの番号を見ると、 1200 番台。もしやこれも原因?
しかも、PC で MMC の Mail フォルダの容量を見ると、ファイルサイズの合計は 1.8MB 程度なのに、ディスク上のサイズは 20MB 以上もある!
どうにか楽して、メールの整理をしたいけど、どうもそんなにいい方法はないみたい…
鉛筆マークのボタンと同時に矢印キーの上下を押す事で、多少楽にマークは付けられるけど…屁のつっぱりですわ…とほほ。

件のアプリのソースは、今、整理中…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土曜日)

日本語メニュー

先に公開した 702NK 用アプリ のメニュー等の日本語表示がイヤならば…

  1. 702NK の "言語" を英語にする。
  2. アプリの日本語リソースファイルを削除する。

…のいずれかで、英語表示に変更出来ます。前者が想定している使い方ですけど。
後者の場合、アプリのインストール先にある ZipApp.r32 というファイルを削除するか名前を変更すれば、702NK で使用している言語に関係なく常に英語表示となります。

確か、 2ch にそんな書き込みがあったので ^^;

この週末でなんとか、ソース公開しないと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火曜日)

Unzip for Nokia 702NK

ずいぶん前に作って、放置してあった 702NK 用アプリを公開してみます。

zip ファイルの解凍を行うだけのアプリですが、メール添付の zip ファイルの解凍が出来て、日本語のパス/ファイル名も大丈夫(なはず)なので、意外と使えるのかもしれません。

私の 702NK でのスクリーンショットは、ココで見れます。

主な特徴/欠点は:

  1. zlib 添付の Gilles Vollant 氏による Minizip を元に C++ で記述。(一部コードは、そのまま流用しています)
  2. zip ファイル内のディレクトリツリーを gui でブラウズ可能。
  3. zip ファイル内のファイル、ディレクトリを全て/選択して解凍可能。
  4. ディレクトリ階層有り/無しでの解凍可能。
  5. パスワード付き zip の解凍が可能。 (パスワードは半角英数文字のみ)
  6. zip ファイル内の文字エンコードを指定可能。 (Shift_JIS 以外は確認未)
  7. リコグナイザ付きなので、 FExplorer やメールアプリから zip ファイルのオープンが可能。

    新たにリコグナイザを追加しなくても .zip 拡張子を持つファイルであれば zip ファイルと認識されるようですが、添付のリコグナイザを使用する事で .zip 以外の拡張子の zip 形式のファイルも認識出来るようになります。(例えば .jar ファイル等)

  8. 日本語、英語のロケールを用意。
  9. 解凍先ディレクトリは、予め指定しないといけない。
  10. 解凍のみで、圧縮は出来ない。
  11. 702NK 以外の Series 60 な一部のケータイ用にもビルド可能。
  12. UID は、アプリ、リコグナイザ共に Symbian Signed のモノとなっています。
  13. ZipApp という名前は、元々は圧縮機能も作りこむ予定だったから ^^;
  14. アイコン類は全て、 AMIGAPPaint描きました :-)
  15. イマイチ気が利かない ^^;

今のところ、使用頻度は低いですが、使用していて特に問題には出くわしていません。ただし、十分な動作検証が出来ている訳ではありません。…が、少なくとも、 TonsUPみたいにハングったりはしませんので、ご安心を(苦笑)。
何か問題があれば、連絡戴けると対応出来るかも知れませんし、出来ないかも知れません。

ソースも公開しますが、出来れば誰かに何処かパブリックなリポジトリでもう少し開発を継続して貰って、も少し使いやすくなると嬉しいです ^^;; ライセンスに関しては zlib のそれに従うこととしますが、改変などされる場合は、連絡戴けると嬉しいです :-)

使い方は、いじってみると大体分かると思いますが、何かあれば、コメントにでも書いて下さい。
分かり難いところでは:

  1. 設定画面の「出力先フォルダ」は、決定ボタンを押して直接入力も出来ますが、→ボタンを押すとブラウザから選択出来ます。
  2. zip 内ファイルのブラウズ時、 # ボタンを押すと、選択中ファイルの情報を表示します。
  3. zip 内ファイルのブラウズ時、決定ボタンを押すと、選択中のファイルにマークします。フォルダを選択していた場合は、そのフォルダ以下を再帰的に選択します。マークされた状態で決定ボタンを押すと、マークを解除します。

…辺りかと思います。 (2, 3 については、メニューからもアクセス可能です)

702NK 用バイナリのダウンロードは、こちらからどうぞ:

                      ZipApp-177_zlib-1.2.2.zip (32.7K)

  • 現在のバージョンでは、 zlib-1.2.2 に含まれる Minizip 1.01b をベースとしています。
  • ただし、 zlib はシステムのモノを使用します。私の 702NK では zlib のバージョンは 1.1.3 となっているようです。
  • .SIS へのパッケージングは行っていません(方法を忘れてしまいました ^^;)。インストール先ドライブのルートで、ディレクトリ階層付きで展開して下さい。アンインストールする場合は、インストール時に展開されたファイル以外に C:\System\Apps\ZipApp\ZipApp.ini も削除して下さい。
  • 本アプリの開発にあたって、河邊径太さんには、バグ修正や機能追加、他機種対応等で大変多くのご協力を頂きました。ここに感謝いたします。

ソースコードは、近日中にアップしますが、お急ぎの場合は、ご連絡戴ければ出来るだけ早くお渡しするようにします。 <(_ _)>

| | コメント (11) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年6月 »